語りたいこと好きなだけ。

ヅカオタでジャニオタでアニオタの独り言。スタジオライフ、2.5次元も嗜みます主観で好きなことを好きなだけ書いてます。

【ヅカネタ】贔屓を語ってみる

ヅカオタないしヅカファンは、好きなジェンヌさんのことを贔屓と呼びますね。

歌舞伎の世界もそうなので、に通う部分があるんでしょうが、最近はそれに加えてアイドルオタと同じように「推し」を使ったりしますね。

ちなみに私は推しも贔屓も使います。

そんな中で、私の贔屓の話をしてみたいと思います。

 

現役の中で一番の贔屓は七海ひろき氏(現星組)です。

なにがいいのか。

うん、それは私もいつも思う。

ぶっちゃけ、これが抜きんでている!という技術的な物って七海氏にはないと思ってるっていうか、平均、もしくは歌とかキーがあってないともうげふんげふん。

でも、エンターテイナーとしてお客をとにかく楽しませようっていう気概だけは本当に有り余ってると思うので、大好きなんです。

この前もですね、総見に行ったんですよ。

あ、総見ってのは、ファンクラブの会員みんなで見る日って感じ。

あるブロックはファンクラブの人だけしかいないエリアになるんです。

そしたら、七海氏はとにかく目線をそっちにくれるわ、ショー中に投げチュウを連発するわで、大サービス。

いや、正確にはいつも同じようなことやってるんですよね、でも、それを5割り増しくらいのエネルギーにし、かつ一直線に総見席にぶつけてきたんですよ。

黄色い悲鳴があがりましたし、私もうきゃあ!ってなり、かつ顔はニヤニヤです←

そういうサービスエンターテイナーな塊の七海氏がとっても好き。

 

 

で、あと贔屓というか、推しというか、宙組の桜木みなと君も最近とても好き。

元々ゆうひ氏にお顔が似ていると思いながら見ていたけど、NewWAVE宙でおぬし!こんなに歌がうまかったのか!!!と度肝を抜かれまして。

劇団もそう思ったのか、その後あれよあれよと組内でも頭角を現してくれて、こないだエリザのフィナーレ闇が広がるで後出の三人に入っびっくりだよ・・・。

あとは変な色気さ纏ってくれれば完璧だな、うん。

 

娘っこだと、ダントツで伶美うらら嬢を推してます。

美しいって正義。そして、シェイクスピアのべスしかり、グスタフの愛人さんしかり、ああいうのができる娘役って貴重なんだ!!!!マッカーゼとの並びも麗しすぎるんだぜ・・・。

お歌に関しては出る音域が娘のそれではないとか言われてますが、代わりにめっちゃ正確に音の真ん中ついて出せる人なんで、これはもう指導者の責任すぎる。いい先生と早く出逢ってくれたのむ。

 

 

あと古株でいうと、花の組長高翔おにいさん、じゅりあ姉さんが好きです。

あと若い娘っこで星蘭ひとみちゃんかわいい。

あ、潤奈すばるちゃんも母校が同じなのでいつもひそかにオペラで

追ってる。

 

そんな感じで各組まんべんなくみてます。

最初はどこから語るのか【ヅカネタ】

ブログ作ったのはいいけど放置でした。

実は他所にも色々書く場所は持ってるのですが、ふと、ディープなことを書き連ねられる場所が欲しいなぁと思ったりして、前々から気になっていたこちらへ。


主にヅカネタ語ることが多いと思います。基本的に包み隠さず、世辞は使わず、好みもあります。

そんな語り方、させていただきます。よろしくお願いいたします。



で、今日はどこから書くかーと思ったけど、とりあえずヅカオタの始まりから。

定番ですね!

ちなみに私はテレビで見た「LUNA」「BLUE  MOON BLUE」が初観劇。そのあと劇場で見た「ベルサイユのばら2011」(だっけ?)が生観劇初でした。


11月放送のLUNAで真琴つばさに惚れてしまったにも関わらず、お分かりの方は大勢と思いますが、その次の7月には彼女退団されたんです。結果、生では一度も観劇できてません。しょんぼり。


ちなみにテレビで見たキッカケは、うちの母の叔父が宝塚のオケ指揮者だったので母が久しぶりに見るかーと言って私たちとテレビつけたからでした。


言わずもがなキラキラしててクルクルと軽快に回って行く場面、私の好みに合致していたんでしょうね、即落ちでしたね。


その後は各組満遍なく見てみて、なんとなーく月を見続けてたんですが、その中で「血と砂」きっかけで祐飛氏にどっぷり。

退団まではずっと追いかけてました。

と、言っても、個人的にトップに行ったのは嬉しいですが、いかんせんトップになるとつまらなくなるというのが個人的見解にありまして。

ほら、正義のヒーローしかやらなくなるから…。

私、血と砂好きなのも、プルミタスが兄さんのこと好きすぎて悪の道に走るんだけど走り切れずに義賊になったりしてるとこなんですよ…ヨンホゲでも思ったけど、ああいう仕方なく悪くなって行くのがとてつもなく似合うのが祐飛だったと思うんですよ…。

まぁ、トップになってからもちょっとそういう悲哀系をよくやってたイメージですが。


そんなわけで、ちょっとだけ祐飛トップ〜退団、そこからちょっとの間はすこーしだけヅカ離れしてまして、その後「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で戻ってきました。

そこで七海ひろきの虜になって、今に至ります。

合間に彩海早矢氏に夢中になったりしてたんですが、お分かりの通り華々しい路線スターにははまらない、ちょっとダメなとこ多いよーな人にハマることが多いのです。ダメな子のほうが、愛おしい!


ちなみに好きな演出家は斎藤吉正、荻田浩一。オギーなんでやめちゃったのオギー…。


東宝組で基本的に遠征は殆どしないです。それくらいのゆるりヅカオタです。

ちなみに中の人はヅカに憧れ音高受験もした上にミュージカルやってたりするので、その辺の技術的な観点からもヅカ見てたりします。

最近の初舞台ロケットの子達、体幹ガクガクの子いるけど大丈夫かな?というのが目下考えてるところ。


次回は今の贔屓について語ります。、