語りたいこと好きなだけ

歌劇(ヅカ.OSK)オタでジャニオタでアニオタの独り言。スタジオライフ、2.5次元も嗜みます。主観で好きなことを好きなだけ書いてます。

【観劇】ミュージカル テニスの王子様4thシーズン青学vs氷帝【テニミュ】

関東氷帝!!やってきました、ついに!

とは言いつつ、実は全体の流れから見ると氷帝戦ってあっという間にやってくるんですよね。

推し校である氷帝、そして最推し跡部様の登場だー!と盛り上がってチケット頑張りました。東京、大阪、凱旋それぞれ一回ずつ見れます。ありがとう。

というわけで、満を持して年明け一発目の2.5次元!いざ立川!と行ってきました。

ところで立川のガーデンステージってほんとあの…いえもう何も言わない。2.5

の舞台では施設のことは言ってはいけない、言いたいけど。

 

今回は関東大会、vs氷帝学園!です。

これはですねえ、名シーンがありまして…手塚・跡部の両部長による、永遠のタイブレーク。もう私もめっちゃ好きな話で、原作一気読み中はここで「すごい、テニプリすごい、何これ」って思ってました。アニメでも見ましたが、すごく気合が入った作りで作り手側も熱の入れ方が違うぜ!となった記憶。

そんな!屈指の名シーンが、さてどうなる?!と期待しながらいきましたが、うん!悪くはなかった!

…本当に悪くはないんですよね。キャストはみんな上手だし、熱量もすごくあると思うし、矢印もみな揃ってるし…でもなんだろうか、新テニミュとかレボライに感じた熱く迫り上がってくる感じのこっちの気持ちの盛り上がりが…ない…。

いや落ち着こう、それはこっちの責任かもしれない!歌!どんな歌だった!思い出して!と思ってもですね、覚えてないんですよね…。

テニミュ見た後死ぬほど脳内再生され続けた「チェンジチェンジチェンジ」みたいな曲が…なくて。

舞台の映像は思い浮かぶけど、曲が全く思い出せない…お持ち帰りソングがないなんて…。

まあ、あと2回見れば嫌でも覚えるでしょうということにしておいてざっくり両校の感想など。

青学はもう安定してきたな!のイメージ。今回すごく良かったのはタカさんでした。歌が上手いのよね、台詞として歌詞をこっちに伝えてくれるのがすごく上手いので対樺地戦はものすごく見入ってしまった。この人の歌はもう一回聴きたい!と思えたので、次回は樺地戦をじっくりしっかり見るぞ。

あと大石くん。前回のルド吹戦で、セリフ一発目が大変なことになってて心配してたけど、一発目じゃなかったおかげかヨシ!て思ってたら二幕の一発目かなんかでコラー!て感じになってたのすごく素直で笑ってしまった。でも歌は本当にしっかり喋ってくれるので、セリフも歌うように喋ってくれたらいいよ、がんばれ、成長楽しみにしてる。

今回初お披露目、氷帝!はみんなめっちゃ強い、体幹も強い。破綻してる人がいないのが凄い。特に跡部様が歌っている間に後ろで全員が踊る、て時が凄まじい迫力で、皆の想いの矢印がきちんと揃って向いているし、舞台面から発するパワーが凄まじくて、見ていて最高!ってスタンディングしたくなった。

滝がすごくダンス上手で、長太郎と一緒にダブルトップくらいの勢いで踊ってるんだけど、すごく表情とか手先の使い方も綺麗なので、次回はもう全部滝見てようかしらくらいの勢い。だからこそ演出で原作の滝全無視して謎設定加えられてたのが惜しい…。

忍足向日ペアはすごく原作通りというか、これだよ見たかったのは!て感じが強かった。がっくんはすごく身軽で可愛くて良かったので次回もダブルス戦楽しみにしてる。

忍足は一番心配してたけど、声がすごく良くて…歌も破綻少ないのであとは腹筋だけ鍛えれば最強って感じでしたね。滑舌もいいし発声もちゃんとできてて感動した。ところで関東戦の忍足ってもう少し抑えぎみのクールガイ気取ってるイメージあったんだけども、見てた感じ「これは氷帝立海で向日の土台になった忍足を経ているのでは…?」て感じがして、この演出プランだと全国をこれ以上に熱くやらなきゃいかんが大丈夫か?となったりなどはした。

宍戸鳳コンビはダブルスの歌がすごくかっこよかった。覚えていないけどかっこいい!という印象だけ残ってるのは、対戦相手の乾海堂ペアの歌が壮絶ダサくて憤ったせいで「まさか宍戸鳳もこんなダサい歌をやらされるのでは…?」と不安になったけどそうじゃなくて安心した、という記憶が残ってるせいです。

日吉もねえ、結構難しいところなんだと思うんですが、生意気な日吉若が生意気な越前リョーマとテニスするのすっごくよかった。永遠のタイブレークの後で試合するの結構ハードルが高いはずなんだけど、すごく忠実に日吉だったのがよかったです。

 

で、問題のタイブレーク、めっちゃカッコよかったけど、歌える二人だからってそこに全振りしすぎではないのだろうか〜!!!的な…。

今回演者はいいけど演出がえ、そうなるの?え、そうするの?が多すぎてつらい。。。

前よりましになったとは聞いてるんですけど、えっどうして?が多いのよ…。

原作があって、ミュの舞台自体も積み上げたものがあって、それを崩して再構築するのすごく大変でチャレンジなのはわかるんだけど、結果がすごくいい!になっていかないのが辛いですな。

4thから見始めてる私が思うんだから、本当に最初からテニミュ見てきた人たちはもっと色々思うところがあるんだろうな…。

 

とりあえず、試合後の氷帝が寿司を食いにいく件と、二幕最初の謎の日替わりっぽい時間稼ぎはちょっとどうにかしてほしい。。。

試合後の氷帝描写はそんなわけないだろう感満載でしかも痛々しいし、原作のどこ読んだらこの解釈になった?という気持ちが溢れ出て止まらん。

あと、もしだけど、二幕の最初が「どうせみんなトイレとかで時間通りに来れないと思うからその間本編始めないでおいてあげるね」の配慮だったとしたら、そんなことをするよりも休憩時間を増やすほうが建設的。

大体ヅカ並の上演時間のくせに休憩が短い!トイレ列捌けないの分かってないのかな…て毎回思うけど、こればっかりは劇場設備のあれやこれやもあるからしゃーないのかな…。ヅカの30分幕間は転換準備化粧替えの時間も含んでるし仕方ないところはあると思うし、テニミュで30分休憩したらその間に演者の熱が冷めるというのもそうだね…と思わざるおえないな…。

 

なんにせよ楽曲の記憶がほっとんどないので、記憶と印象頼みの記録になってしまったのですが、また次回、大阪で見たときに何かときめく要素が見つけられたらいいなと思います。

【観劇】新春浅草歌舞伎【歌舞伎】

2023年一発目の観劇は、めでたい!新春浅草歌舞伎の初日です!

三が日中に観劇に来られるなんて、初めてかもしれない。しかも、初めての歌舞伎鑑賞です!

突然歌舞伎?という感じですが、実は中村隼人くんがお目当てです。

大昔、新聞の歌舞伎宣伝でなんとか三郎とか、なんとか右衛門とか仰々しい名前が並ぶ中、小さな写真の「隼人」を見つけて、へえ、かっこいい名前の歌舞伎役者さんがいるんだなぁ、と思って写真を見たら爽やかなイケメンだったのでさらに驚いたんですが、その時はそこ止まり。

数年後にその隼人くんがNHKドラマの大富豪同心に出演していて、優しくて憎めない主人公を演じつつ、エンディングでは美しい舞を披露してくれるというギャップに釘付け!になり、そういえば歌舞伎俳優だけど、どの公演に出てるのかな、と思い密かにチェックするも、歌舞伎座公演なかなか入ることができず・・・今回若手の歌舞伎ですからチケットそんなに厳しくないですよ、と後押しされて早速チャレンジし、見事初日観劇と相成りましたー!わーい!

浅草歌舞伎

初めての浅草公会堂。修繕したと聞くけど、みた感じと作りは昔からある建物って感じです。

1/2が初日なので、正に本日初日!ということでお客さんもスタッフさんも気合が入ってる感じ!別の記事で書きますが、浅草公会堂は改修で客席に手すりを入れたら一部の席から見づらくなっちゃって、その席は事前販売しません!と言っている超カッコイイ劇場さんです。

ちなみに私がみたのはその売り止めされてる席の真後ろ。2階の中腹の席でした。大きく舞台側へ迫り出しているので、みづらいとかなく、むしろみやすい。全体が見えて初めてには嬉しい席でした。

一幕は「双蝶々曲輪日記 引窓」

事前の予習はあんまりしてなかったんですが、セリフがはっきり聞こえたので、わかりやすかったです。

母お幸さんと、女房お早さんが家にいるところへ、お幸さんの前夫との子供であるお相撲さんの長五郎がやってきて、再会を懐かしんで少し休んでいきなさい、って家の奥へ入れてあげる。そうすると隼人くん演じる与兵衛さんが帰宅、同心に取り立ててもらえたよーお仕事をもらってきたよ〜ってちょっとウキウキしてて可愛い。与兵衛さんとお幸は義理の母子ということらしく、それでも立派に育ってえらい、誇らしいとみんなでわーい!となるんだけど、そこで与兵衛の初仕事が人を二人殺している相撲取りの捕縛!となって手配書を見ると、あれ?さっきここへきた長五郎じゃないか!とわかって、お幸さんにとっては義理の息子が実の息子を捕らえるという複雑な状況になるわけです。

で、こう親子の情とか、義兄弟に当たる二人の間のやり取りとか、色々あって、最後はちょっと一休さんみたいだな、と思う感じの結末でしたが、一旦は誰も泣くことにはならず、ヨシヨシ!で終わってました。

結構セリフ劇で、場面転換もなし、派手な衣装でもなし、本当にすごく芝居!て感じだったんですが、故にやってる人の力量が試されちゃうやつだ!となんとなく初めての私でも気が引き締まるというか・・・いや、でもすごく引き込まれてじっとみちゃいました。

しかし、父親と瓜二つの泣きぼくろをどうにかしないと、手配書と同じ顔だからすぐ捕まっちゃう、どうしよう!のくだりで、与兵衛さんが外からエイヤー!って何かしたらほくろが取れたよ!ってなったのは何が起こったんだと思ったけど、後からパンフレット見たら「路銀を投げてほくろを取った」らしくて嘘だろ?!てなりました。歌舞伎ってこういうご都合主義なところあって好き。ファンタジー

隼人くんは上司?同僚?のお役人たちの前ではちょっとかしこまって丁寧な言葉遣いとかしてるのに、お母さんと奥さんの前では結構可愛い感じに砕けて話してて、ああ、この人めっちゃいい人じゃん・・・て感じでした。だからころ、指名手配犯を一度は見逃してやるんだろうな、という部分が破綻なく見えてなるほどな〜って感じです。

隼人くん背が高くてしっかりした体つきだから舞台映えするし、声も聞き取りやすいし、何よりやっぱりお顔が美しいですねー!ますます好きになりました!

休憩を挟んで二幕は男女道成寺、あ、聞いたことあるな?と思ったけど、あれ?男女?と思ったら、始めた二人女の人が出てきて踊ってたのに、途中でお坊さんたちが片方に群がったと思ったら中から青天の人が出てきた。

どうやら実は狂言師なんだけど、女装して踊ってましたってことらしい。で、衣装を変えて戻ってきて色々踊りを見せてくれて、最後はよく見る鐘の上に乗っかる構図のやつー!て終了!

踊りだけだと飽きるかと思いきや、意外と色々持って踊ったり、お芝居みたいなコミカルな動きの踊りもあったり、引き抜きもあって衣装がパッと変わるのも見れたのですごく歌舞伎らしいものを堪能できる感じでした。

これもパンフレットでなるほどそういう話の背景があるのか〜って後から知ったんですが、細かいところはわからなくても大体雰囲気でわかるのが意外。歌舞伎ってもっと難しいかと思ってた。イヤホンガイドもあるしとっつきにくいのかな?と思ってたんですけど、全然ですね、劇場で見るハードルが下がりました。

そういえば女役の人がすごく背が高かったんだけど、さっき芝居で奥さんをやってた人でした。本当にすらっとした長身で舞台映えするな〜。お芝居でも声が綺麗ですごく聞きやすかったんだよね!と思って当日の夜にNHKで流したダイジェスト見てたら、坂東彌十郎さんの息子さんで新悟さんという方だった、並んで出演してたけど目元がそっくりですね。

全体としては大体1時間20分くらい芝居をがっつりやって、休憩後に今度は踊りだけの幕が40分くらい。なるほど宝塚の芝居とショーだな!という気づいてなるほど!と思ったりしていました。

これでお値段が9000円。10000円いかないのはすごく気軽に見れる気がする、いいなあ。というか、歌舞伎座のチケット結構売り切れてて買えないことが多いんだもの。残ってるの一番いい席で1万以上するし・・・。

浅草公会堂前

調べると大御所以外は結構小さな劇場でやったりしているみたいなので、今後は公演情報をまめにチェックしてみようと思います!

隼人くんはこの後舞台「巌流島」に出演予定ですが、すでにチケットないのでは・・・出遅れた・・・。配信あるかな・・・?

【観劇】近松TRIBUTE〜近津門左衛門物語〜【OSK日本歌劇団】

年の瀬、久しぶりに大阪遠征してきました。

OSKの近松TRIBUTE。

劇場で出迎えてくれた近松門左衛門もとい、桐生さん

あらすじを読むと、どうやら近松さんのお話らしいけど、忠兵衛さんと梅川さんがいるということは、劇中劇みたいになるんだろうか…?と思いながら劇場へ。

今回、3面舞台という形式で、張り出した舞台面を前方と両サイドの客席が囲んで見下ろすような感じ。これが結構面白くて、あと見やすかった。

舞台後方はほとんど使わず、張り出した部分で踊ったり芝居をしたり、客席側の通路から人が出てきたり履けて行ったりなんてものあったので、より一層物語の中に自分が入り込んだような不思議な感覚になります。

お話自体もとっても面白くて、これができるのがOSKだな!と大満足の仕上がり。

あらすじの通り、近松さんがどのようにして数々の作品を書き上げたのか、どうして書いたのか、というのがメインなんですが、途中で当時麻疹が流行って文楽が上演できないなんて話とかもあり、なんとなぁく今の状況と似ている部分もあってしみじみと思いました。

出演者は少ないはずなのですが、作品を作るピースというか、一人一人がとにかく頑張っていて、OSK らしい清々しい味を出していたように思います。

桐生さんは情感たっぷり見せつつ、軽い部分もあり、さすがお見事。歌も心まで染み渡るような感じで、聞いているととてつもない充足感が。

その相手役、というか近松さんと古い縁の井筒屋おえんさんは城月さん。美しさと芝居の達者さが見ていてとにかく安定しているし、桐生さんと並ぶとお似合いすぎる。実は近松さんとおえんさんは、ラブラブピンクの恋仲!というわけではないんだけど、最後の最後で「やっぱり一緒になろうか」という流れになるのがとても良かったし、その時に近松さんをペシペシするおえんさんがとても可愛らしくてまた良かったです。

忠兵衛さんは華月さん。近松さんの作品「封印切り」に出てくる飛脚の忠兵衛さん。芸者の梅川さんのことを身請けしたくて、お客さんのお金に手をつけようとする、というのを、そうしないでも梅川さんと一緒になれるように近松さんたちが一生懸命サポートしていくんですが「だったら大々的に物語にしちゃえば、嘘かホントかわかんないし、物語の中で二人は死んだことにしちゃえば、前の話(それもまた実際の事件をもとにした心中話のこと)みたいに納得するよね」という感じでした。

梅川さんは唯城ありすちゃん。可愛いー!可愛いけど、あんまり演技のしどころはなくて、存在感だけで納得させなくちゃいけないから難しい感じでした。印象にはとっても残るんですけど。

で、近松さんのことが好きらしい、竹本義太夫が登堂さん。コミカルっぽい芝居をとっても楽しそうにやっていて、時間を稼がなきゃいけないところも実に楽しそうに客席と絡んでやってました。物語の中の中心というよりはちょっと狂言回しというか、引っ掻き回す薬というか・・・美味しい役かもしれない・・・笑

あとは朝香さんが近松さんのお母さんとかをやっていて、何より花魁道中をね!やってまして!

私たまたまかぶりつきで見られる席だったのでじっと見つめさせていただきましたが、いやーため息出ちゃった。美しい。

そして、この話、ラストに洋舞レビューがついてるんです。

舞台写真を開演前に見て、あれ、フィナーレあるんだーって思ったんですが、フィナーレっていうより話の延長戦・・・?

近松が大阪道頓堀で生み出して育っていった話がたくさんああるね、という話から、その後、OSKのレビュー文化が生まれました!という少々無理矢理感はありつつも、まあそうだよな、大雑把に言えば、そういうことだな!という感じで、洋舞レビュー、でもそれも近松の作ったお話にちょっとかけて、三面舞台を所狭しと皆さんが踊りまくっておりました。

チャイナ娘の花ちゃん初め娘役さんたちが可愛らしくて眼福でした。BPとかでもこういうのやってほしいなー狭いけど。

そしてラスト、桐生さんのご挨拶「こんな状況下で舞台に立てることはあたりまえではない、ここにいられて幸せだし、見にきてくださってこんなに温かい拍手をくださるお客様がいてくれて嬉しい」という趣旨の話をされてましたが、本当に桐生さんの言葉は胸にずんときます。泣きそうになっちゃった、こちらこそありがとうございますだよ・・・!

 

実は結構弾丸ツアーだったんですが、大阪遠征して大正解の演目でした。とってもとっても満足できた作品です。

東京でもやってほしい!

 

【観劇】新テニスの王子様 REVOLUTION LIVE 2022【レボライ】

公式にレボライの謎宣伝動画がきてて、見てたら胸が熱くなって・・・ああ、凄く楽しかった!て思ったのに、レボライのレポ、書いてないことに気づいたからすごい今更なんですけど(もう一ヶ月以上経っちゃった)綴ります。

あの浮かれた様子を記録しておけば未来の自分が楽しいはずなので←

 

さて、新テニミュ2nd Stageにてすっかり高校生沼にドボンした私、そして友人も珍しく同じ熱量でついてきてくれてる。

同じ熱量の友人ってやばいですね、二人して歯止めが効かない!

二人でレボライ申し込みして、まあそこそこ当たりまして。当初からあんまり回数重ねても体がしんどいという理由により、合計3回見ました!…これでも多いです、1公演1回でいいと思ってる私なので、多いです、多すぎ。

そして会場は幕張…舞浜の更に先でしょ?そんなん小旅行だわ、と言うわけで泊まりにしました。旅行支援始まる前でイベント開催も重なってる結構な値段になってる幕張のアパちゃんに。アパちゃんの話は別でするけど、ここは2度と泊まるもんか!てなりました、以上。

さて、本題のレボライ本編です。

前述した通り、新テニミュ2nd Stageから入った私は、一応1stも円盤で履修はしてたんですが、正直ちゃんと見れてなくて←

なので「2ndの曲は思い入れありすぎるけど、1stの曲とか大丈夫かな…」なんて心配してたんですが、そんなの杞憂でした。

テニミュ独特のメロディと歌詞、そして中学生の歌は1stだけの歌でも2ndしか出てないキャラも加わって歌ってくれたりして、キャラ同士の関係性とかもちゃんと絡めてくれてたので、あっちもこっちも目が足りない楽しい!!!ってなりました。

あと、改めて聞くと1stの曲いいな!!!とか、このキャラの関係性でこの歌いく?すエモ…!とか、新たな発見がありすぎでした。

個人的なアレとして、実は学校の先輩が新規参戦キャラで出てくれていて、正直学生時代を知ってる身としてはハラハラしてたんですが、そこはやっぱり先輩でした、ちゃんとしてた(失礼

1stと2ndが一緒に出てるのでイッチバンいい演出!と思ったのは、鬼さんと金太郎の歌が繋がって展開されたとこですね!この二人はもう安心して見てられるぜ、だし、2ndでもめっちゃ楽しそう!だったのが、更にパワーアップして、凄く良かったです。

そして2ndからの高校生沼の私だけど、1stの高校生たちもすごい良かった。いや、1stも生で見たかったー!!と、その頃テニスハマってなかった私への後悔を噛み締めつつ、それでもレボライで見れてる嬉しい、と噛み締めながらペンライト振ってました、ぶんぶん。

2nd見てから急激に落ちた遠野くんがほんっとーに解釈一致で!

登場シーンのそのそ気だるげに出てくるわ、隙あらばラケットでギロチンポーズするわ、退場時はラケットギターかき鳴らしてはけるわ、とっても自由だったんですが、極め付けで一曲分場面もらってて、便宜上皿割りエンタテイメントと呼んでるんですけど、もう超エンタテイメントだったんですよ…遠野篤京があなたで良かった、ありがとう…!

3回見たので全部やってること違ったな、とか、歌めっちゃうめえな、とか、ハケる時の動きがホラーゲームの敵キャラだな、とかもう色々あったけど本当にとっても遠野くんだったので、本当に大満足です。

ちなみに立ち位置の都合だけど、お頭のラケット預かり係をしてた時に、ノールックで返却するのがすっごい好き、めっちゃ好き、かっこいい。

あと君島役も、今回ライブから変わってたんですが、凄く多方面に愛を振りまいてくれる、ライブ向きのキミさまで、ソロ曲もコーチを従えて意気揚々と歌ってて凄く良かったです。この時のコーチがほんっとうに可愛くて可愛くて、早く円盤でじっくり見たい!

あと高校生ダブルスの代表越知毛利が引っ張るダブル最高シーンも目が足りない!どんだけダブルス出してくるんだ!足りない!!とパニックになったけど、とりあえず絶対円盤では残る可能性が低いと踏んで、君島遠野見てました←

二人ってまあ、色々あるので基本絡まないんですよ、ダブルスだけど。でもこのシーンだけはお互いの存在を意識して球を打って歌うので、もうここにあの二人の全てが詰まってるね!と言う気持ちで見守ってました。

お楽しみシーンとトークコーナーも適度で全然ダレた感じなかったし、毎回入江徳川で笑った後に、まさかの種ヶ島先輩がものすっごい楽しそうに色々やるって言うのを見て「楽しそうで良かった…」ていう謎のほっこり感を抱いていました。

あとないと思ってた練り歩きがあって、私基本スタンドの通路の席だったのでめっちゃ近くでみんなに手を振ってご挨拶できたし、キミ様から投げキッスもらったの忘れない、最高。

まさかの高校生の私服解禁がミュ、と言う事態だったけどみんなそこそこオシャレさんだったので安心しました、ありがとう!

高校生と中学生の絡みもそこそこに見れてわーい、てなったんだけどこれも目が足りないから、アングル違いで10カットくらい円盤に入れてくれないとダメな気がする、最低でもモニター映像はつけてくれ。

そんな感じで…3公演2日間めっちゃ楽しかったんですけど、すごいロスったので本当に明日円盤でて!て毎日思ってます。

しかし円盤すごい素敵なお値段ですねーおまけに特典、メイト専売なんだから全部のブロマイドつけるか、選ばせろよ!!!の気持ち!!!なんでわざわざ4種にしてランダムなの!ひどい!などと憤りながらちゃっかり予約しました、もうちょろいオタクなので。

 

そしてそういえばなんですけど、レボライ公式松明ペンライトって次の使い道何かな?災害時にめっちゃ目立てそうではあるんだけど、うっかりゆらゆらさせてると心配されそうなリアル感あるなあと思って…大きくて頭でっかちなので、困りながら部屋に転がしてるんですけど、これいい加減そろそろしまわないと、て思ってるところです。何かの撮影で遊ぶように持っていくくらいしか…使い道が思いつかない。

気持ちが向いたらレボライお泊まりのアパレポもしたいと思います!

【観劇】OSK日本歌劇団 レビューin Kyoto「陰陽師」「INFINITY」【南座】

OSK100周年の記念公演、ラストは京都の南座

贔屓が出る、と言うことで遠征してきました!

実は祇園祭やってるって知らなくて、どうでもいいけど一番盛り上がってる時期に行っちゃったみたいで、そのせいでホテル周りで苦労しましたが、そんなことはどうでもいいぜ!なくらいに楽しめた南座公演でした。

 

第一部「陰陽師

京都だし陰陽師ね!と思ったけど、過去にもやってたらしいですね、再演と言うよりはリバイバル?焼き直し?一応新たに構築し直したようです。

私は前作を知らないので、新鮮な気持ちで見ることができましたが、登場人物はそこそこいるにもかかわらず、どう言う人なのか、がよくわかったし、話の全体の流れもストレスなく理解できました。

きちんとテーマも一本筋が通っていて、わかりやすくてスッキリ。

南座でやる芝居、と言う意味でも、誰にでも楽しんでもらえる作品で久しぶりに面白かった!と楽しめました。

贔屓は鬼さんチームの2トップらへんで舞台を縦横無尽に駆け巡ってました。

ビジュアル最強の顔にアートみたいなメイクして、キラキラのラインが入った衣装を着せてもらってたのでちょっと周りの鬼くんたちと差別化されてたので嬉しかったー。

他では晴明さんが操る式神の皆さんが楽しそうで美しくてよかったです。

エンタメ作品としてはレベル高かったのではないかな!

 

第二部「INFINITY」

これは大阪と新橋でも上演したオギーのショー!

南座では出演者がざっくり変わるところがあったので、場面を少し変えたりなどしつつ、祝祭レビューの雰囲気はそのままで見応えのあるいいショーでした。

京都でできてよかった!

なぜか直前ぼインタビューでニコイチ扱いで推され始めた贔屓のレオくんと、登堂くんがパンフでもコンビで掲載されてて「ん?」とはなったけど、その二人がデュエットダンス(そう書いてあったんだもん)を踊るところも一瞬あったりして嬉しかったりなんだり。

久しぶりの大劇場公演で、レオくんも非常にずっと楽しそうにしていて、ああ、この楽しそうなレオくんを見るために劇場に来たんだ!と私までウキウキに。

個人的にやってほしいな、と思っていた、朔矢くんがしていた人波の中で翻弄されていく男の役をレオくんがやっていて、やっぱり芝居がうまいんですねー、こう、楊さんに捕まったり壱弥くんに捕まったり、洗脳されたり操られたりしつつ、ありすちゃんと出会って二人で一瞬通じ合うんだけど、やっぱり最後は攫われていっちゃうタキシード仮面的なポジションを色んな表情で演じ抜いてくれてました。

このシーンは本当に、贔屓で見たいと思ってたのでめっちゃ嬉しいかったです!

 

そしてこれ、DVDになるとのこと・・・!やったー!嬉しい!と言うわけで予約しました。まだ劇団から通販の確認折り返しメール来ないけど、陰陽師もinnfinityも家でウキウキ楽しめちゃうのが待ち遠しいです!

【観劇】ミュージカル テニスの王子様4thシーズン青学vs聖ルドルフ・山吹【テニミュ】

テニス沼にズブズブ中の私、もちろん行ってきました。

今回もお友達がチケットを捕獲してくれた、ありがたい。

そして、私が新テニミュ2ndが初テニミュだったので、3rdシーズンまでを全く知らないのですが、今回2校分の試合を1本でやっちゃうんだねーと何気なく思っていたけど、上演時間が三時間半だったのは本当に驚いたし、ヅカより長い公演時間のくせに休憩時間がヅカの半分以下っていう恐ろしさですよ。

会場寒くて幕間休憩トイレを我慢できるわけがなくて、人生で初めて「ドア閉めます!」のカウントダウンの合間に客席を滑り込んだ、なんだ老あの感じ。

まあ、そんなことはどうでも良いのですがそれにしても詰め込んだな!と言うのが率直感想です。

結構濃いキャラもたくさんいて、試合もなかなか味がある展開なので、あっさり済ませちゃうのもったいなくない?と思ったんですけど、そこはまあ大人の何かしらの事情があるんでしょうと言うことにします。

それにしても冒頭幕開き、舞台上にいる人数がめちゃめちゃ多い!!

テレコになっても見えない子がいる!!と驚きです。

一幕が聖ルドルフ戦で、二幕が山吹戦、と言う分け方でした。

 

聖ルドルフはテーマ曲?がミッション校を前面に出してます!でめっちゃかっこよかった!観月はじめくんがすごく原作のそれらしくて、動きも優雅だったし、試合描写もイキイキしていてよかったです!

あとやっぱり赤澤部長がかっこいいよね・・・ルドルフって。試合の中でプレッシャーから先走って、金田くんのアドバイスで己を取り戻すっていう流れがあるのがすごく良い。

で、柳沢くんと木更津くんのダブルもすごいよかったんですよー。

柳沢くんがソロで歌ったの一瞬なんだけど、めっちゃ上手くて驚いた、もっと聞きたいんだけど歌う場面がなかった・・・ね・・・。

悠太くんもかっこよくて、でも試合の中でちゃんとドラマを描き切ってくれてたのと、これからも伸びそうな大物感がよかったです。お兄さんがめっちゃ気にかけてくれるって言うのもよかったなぁ。

 

そして休憩を挟んで山吹戦。

実はわたし新テニミュの亜久津くんがめっちゃ好きで、今回亜久津くんを楽しみにしてたんですが、あの長身が山吹の白ラン制服に包まれてるの見るだけで眼福〜!!そのブロマイド売って!てなりました。

あと、新テニ時代の亜久津くんはちょっと丸くなってるんですが、登場初期の亜久津くんはちょっと手が付けられないワルなので、新テニでブン太にボールをぶつける木手くんに「とんでもねー野郎だ」っていうのと、青学の部員ボコボコにしたり他校生からカツアゲしたり、挙句に喫煙して高笑いしてるののギャップが凄くて、そこがめっちゃいいやん!てなってニコニコしてました。

彼もリョーマとの試合の中で変わっていくんだけど、そこが丁寧に描かれてたのがよかった。長い手足と華奢な体躯が亜久津くんそのもので、客席折りで間近で見た顔が美しすぎて震えました、美人は正義。

あと個人的に地味’sが、いやいや!地味じゃないよ、かっこええやん!のイケメンぶりで、東方くん結構好きなんだなって気づいたりなどしてました。

試合はどれも印象的に作ってくれてる感じがしたけど、メインどころ以外は手堅く歌って踊れる人を使っている感じで見応えありますよねえ。

で、個人的に隠れヒットだったのが千石くん。

キラキラ笑顔、抜群の身体能力なのに、ずば抜けてお歌が・・・あかん・・・いや、でもそれが逆にいい味すぎて、久しぶりにキラキラのズコっぷりを堪能できました。

某タニ氏の気配を感じた、キラキラしててくれるのは最高なので貫き通してほしい、頑張れ。

 

総じて楽しんだ公演ではあったけど、やっぱり、長いよ!

分けてくれた方がじっくり楽しめた気がする。。。

 

そしてやっぱり出演人数多いって言うのはそれだけリスクもあると言うことで・・・私が見た東京の序盤はまだアレでしたけど、みるみるうちに感染者増えてったからこりゃいつかまたダメになりそうと思ったら案の定だったしなあ・・・大阪も序盤は潰れてしまったけど、このまま最後まで行けるといいな。

でもいかんせん、四季もヅカも他2.5も、止まってないのを数えた方がいいのでは?のレベルで軒並み中止しているので・・・怖いですよね。

みんなが笑顔で千秋楽できるといいね、頑張れ頑張れ。

【永遠のテーマ】お花代の悩み【正解はない】

先だって、マシュマロ経由で「花代をいくら入れたいいのか迷っている」旨の問い合わせをいただいたので、改めてそういえば花代ってどうしてるんだっけ・・・と考えた結果、少し前に「花代の起源調べてブログ書く!」って友達に宣言したのを思い出したので、レポ2つ(テニミュとOSK)まだ放置なんですが、先にこっちを書こうと思います!

 

 

花代、ですが、歌劇のオタクをしているともうついて離れないといいますか、当たり前のようにそこに存在するワードですよね。

とはいえ、ヅカでは実質ジェンヌさんの個人FCに入っている人か、直接のつながりのある方しか触れないと思います。

FCだと、サポート費とかって言い換えられてることもありますね。

 

花代、言葉で調べていると、大元を考えると御供物やお祝いのお品が起源のようです。催しとか行事の際の寄付の名目だったようですが、いつしか遊女を呼んで遊ぶ時の代金のことを言うようになったようです。昔、遊郭の舞台に出た時「総花」をやるお金持ちをやったことがありますが「総花」と言った場合は店全てを買い切り、貸切なので、相当な額だったようです。

最近では芸舞妓さんを呼んだ時に支払うのもそう呼ぶらしいです。ちなみに芸を披露してくれる本人に支払うのはご祝儀、らしく別になっているそうな。

 

とはいえ、歌劇の世界ではお花代、というと、チケットを手配くださっていることへ謝意を含めて、公演中何かに役立ててください、という意味合いだったり、単純に「お花を贈る代わりに相当に金額を包む」という考えの方もいらっしゃるのではないかと思っております。実際宝塚がお花を贈るのはできないですし。

どれも間違い、と言うことはないでしょうし、いろんな意味合いで皆さんお花代、を使っているんだろうなーと推測しています。

だからこそ、おそらく「一体いくらくらいが相場?」なんて疑問も生まれるのだと思います。結婚式のご祝儀とかはほら、目安があるし、調べれば間柄と合わせて相場はこのくらい、て出てきますし。

私も過去、舞台役者をやっていたことがあるので何度かご祝儀やお花代を頂戴したことはあります。

もちろん大変有り難かったですし、気持ちと共に嬉しく受け取りました。

ですがやはり、役者は舞台が本分。

舞台のチケットを買っていただいて舞台を見に来ていただけるのが何よりも嬉しいです。なのでお花代やご祝儀に必要以上にとらわれる必要はなくて、まずはチケットを買って、舞台を見に行く、その際にプラスアルファで気持ちがあればご祝儀を出す、チケットを手配していただいたのならそれにお花代を添えてお渡しする、と言うことで、金額に関してはご自身は負担にならない金額でいいと思います。

お花代に気を取られるあまり観劇に行けなくなっちゃう、とかだと本末転倒だと思いますし。ご自身が苦しくなく、かつ持続可能な範囲でお花代をお決めになるといいと思います。金額の多い少ないで何かが変わるわけではないですし、ご自身が納得される金額を上乗せすればいいのです。

 

歌劇ジャンルを推す者にとっては永遠の命題みたいなもんですが、答えはない・・・と言うお花代。

ちなみにどうしても…と言うことであれば、親しいご友人などに相談して客観的に送ろうとしている金額は迷惑にならないか?などを確認してもらうのもいいと思います。