語りたいこと好きなだけ〜歌劇オタの独り言

歌劇(ヅカ.OSK)オタでジャニオタでアニオタの独り言。スタジオライフ、2.5次元も嗜みます主観で好きなことを好きなだけ書いてます。

【観劇】VAMPIRE LEGENDS~カーミラバージョン【スタジオライフ】

遅くなりましたが、カーミラバージョンも観劇できたので、感想などを。

男性吸血鬼・ゼーリヒバージョンは、一つ前の投稿をご覧ください。

 

さて、こちらは本家本元。

ガラスの仮面姫川亜弓さんがやっていたカーミラの話。

原作通りの展開で、たぶん今回はこっちに軸を合わせたな?というくらい、しっくりきました。

ゼーリヒ版とは少しずつ変わってますが、本筋は同じ。

カーミラはゼーリヒ版と同じ松本くんが演じていますが、相手となるローラはゼーリヒ版でジョージのお母さんを演じていた山本芳樹さん。そしてローラのお父さんは、ゼーリヒ版でジョージを演じていた曽世さんです。ここだけがチェンジで、他はどちらも同じ役なんですよね。

 

個人的に細かいけど好き!となったのが、冒頭の語りでローラが過去の経験を語る際、吸血鬼に襲われてしばらくしてから神父さんのところで「手を組ませて祈りの言葉を・・・」というところで、手を組みかけてから小さく首を振って崩したところ。

これは、最後のシーンの「行かなければなりません、私にはとどまることは許されないのですから」の伏線なんですけど、細かい仕草ながらヨシキヤマモトはこういうところがすごい・・・!と感心しきり。

あと、ヨシキヤマモトはですね、声が結構細くて軽いんですが、ちゃんと芝居の声として客席に届くのがすごいところ。いつもおもうんですよね、芝居がかったような嘘っぽい感じじゃなくて、人に話しかける普段の会話みたいなトーンでしゃべってくれるから、なんだかすごく好感がもてるんですよね。

ローラもめっちゃ可愛かった・・・なんであんなにかわいいんだろうか・・・。

 

あ!あとゼーリヒ版見て、それはさすがにおかしいだろ!馬車に乗ってきて!って言ってたけど、カーミラはさすがに馬車に乗ってきてた!よかった、さすがに女子が一人で森をうろついてたらおかしいもの・・・。

 

そして曽世さんの娘かわいいおじさんもかなりハマってて、おお、こういう役もいいんだ!と思い直しました。

個人的には曽世さんて、バタフライはフリーのママみたいな、母親役もしっくりくるなって思うんですけど、パパもよきです。そういえば死の泉のパパもよかったな。

 

あと15年前の記憶と違うなと思ったもう一か所はラフォンテンとペロドンの年齢かな。

前はペロドンのほうが若くて世間知らずな女子で、ラフォンテンが壮年の女性な感じがしたけど、今回ラフォンテンを伊藤くんがしているせいで、勉強だけ信じて大学院で博士号とったみたいなそういうイメージのまだ若いおねーさんて感じがしました。伊藤君が可愛いのがいけないかな←

 

女性版男性版両方見て、これはやっぱり本懐として女性版・カーミラバージョンがいい!という感じでした。

15年前にみた耽美の結晶、ヴァンパイアレジェンドは思い出の中で燦然と輝いているんですけど、それとは別に新しい作品としてとっても楽しめました。私の吸血鬼ものストーリー好きの経験値も更新されたし満足。

でもやっぱり、登場人物が増えて再演してくれるのを・・・望みたいな・・・。