語りたいこと好きなだけ〜ヅカオタの独り言

ヅカオタでジャニオタでアニオタの独り言。スタジオライフ、2.5次元も嗜みます主観で好きなことを好きなだけ書いてます。

【観劇】OSK日本歌劇団「三銃士」【OSK】

f:id:kanatoNanase:20180227181026j:image

OSK日本歌劇団の三銃士を見てきました。

初日のマチネだったのですが、舞美さん途中台詞ぶっ飛んでしまってて可愛かったです←

 

筋立ては宝塚の三銃士とはちょっと違って、原作に忠実だと原作読んだ家族が話しておりました。

しかしダルタニャンが高世さんだと、なんだかノーブルな持ち味そのままを思ってしまうのでちょっとヤンチャな青年を感じられたのは一幕半ばからでした、ごめん…←

個人的にOSKは衣装トンチキ率高いと思ってるんだけど、ダルタニャンが赤ぶどうみたいなサテンシャツで現れた日には腰抜かしてしまった…いや、悪くはなかったけど、見慣れていくんだけどね…。

あとコンスタンス舞美さん、可愛い、とても可愛い、大好きな娘役さんです。でもなんだろう初日の緊張とかなのか、とっても浮き足立ったキャンキャンな感じでしてね…って思ってたらやっぱり千秋楽は落ち着いてたって情報あり、よかった…あれだと舞美さんの良さが半減するよ…。

アトス楊さんは大人の色気…!めちゃめちゃカッコいい!後半ミレディにぐいぐい行くところが、強引なオトコで素晴らしかった、たまらん。

アラミス愛瀬さんは乙女ゲームのキャラクターみたいでした、軽めのフットワークで、多分女の子口説きまくってるなこいつ、って感じがとてもよく出ていた。

個人的にすごい好き!なのがポルトス天輝さん。まさに漢でした!!とても骨太ないい男!不器用だけど実直な力持ち感が強くつたわってきて、あれ、なんでこの人をスルーしてたんだ…?って思ったくらい笑

そしてバッキンガム侯爵の登堂さんもめちゃめちゃ良かった。あれ?全然まだ下級生だと思ってたのに、こんなに堂々と、ダルタニャンと一緒に歌って遜色なくて、芝居も上手い…すごいすごい。

ミレディ白藤さんはこういう女性をやらせるとほんとに上手だし魅力的なんですねー!客席降りで近くを通った時間近でみられたけど本当にお美しい…!

アンヌ王妃の千咲さんは可愛らしくて歌も上手くて、とにかく頑張ってたけど王妃様!という感じではなかったかな…残念だけど王妃の気高さとか気品とか威厳とか、何か一つでもあればなぁ…。

枢機卿の手下やってた侍女の唯城さんがとても、キュート。悪いお顔をしてたけど、実に可愛らしくてお芝居も歌もお上手でした。

 

人数が少ないので各所でコロスとか敵兵とかでみんながバイトしてるのもなかなか面白かったし、銃士隊のダンスがなかなかにサイバーロックな感じで新しく楽しかったです!

次回観られるのは東京にくる夏のおどりかしら。楽しみですねー。