語りたいこと好きなだけ。

ヅカオタでジャニオタでアニオタの独り言。主観で好きなことを好きなだけ書いてます。

【観劇】噂のまぁコン観てきた【ライビュ】

まぁコンを、観てきました。

と、言ってもライビュですが!もうライビュ快適すぎて、当分いろんなのがライビュでええ…ってなってる←

 

して、まぁコン。

演出は私の大好きなサイトー先生!!!

アニメ絵のグッズぶち込んできてくれたので私の期待値もMAXめだったんですけど…稽古場情報でうららホリディが流れたからにはもう、やばい予感しかしねぇ!とウキウキワクワクしながら行きまして、結果…めっちゃ楽しかったです!!!

ツッコミどころを挙げればキリない気はしますけど、やっぱりエンタテイメントを必死で作り上げるサイトー先生と、それを最大のパワーで魅せつくしてくれるまぁ様始めとする宙メンバー…よかった…よかったよ…!

 

曲もJ-POPが多めだったから結構聞き慣れた曲も多く、かつゴールデンボンバー!とかね笑

楽しそうに歌っているまぁ様がたまらんです。

MCもわいわい楽しそうだし、実はオサトップ時代を、観まくってた私には朝夏まなと歴史メドレーは懐かしいものばかりで思わず口ずさみそうに←

 

懐かしいこっちゃ…と思ってたらロミジュリ、スカピン、ファントムと、名作を載せてきて王道厨の心を満たす…素晴らしいじゃないか!!

 

個人的に印象的なMCは、まぁ様への愛を語る愛月氏が「目がきゅるっとして、可愛いんです、もう連れて帰りたい!…ちょっと大きいけど」という、大きさについての余計なコメントを挟んだとこと、まぁ様からえびちゃんに向けて「バレエシューズを履いたえびちゃんは小さいから気をつけていないと視界から消える」と言い放ったあたりですかね…笑

確かにえびちゃん小さめだけど!

 

あ、イェーイめっちゃうらら!はもう、めっちゃうららでした!

わたし、うららのためにライビュ申し込みしたからね!←

相変わらず可愛い可愛いとによによしながら見させていただきました…はぁ、たまらん。

 

 

次のライビュは、年末のタカスペでしょうか。

モンパリの記念レビューにしたいような話が公式の発表から読み取れますね。コントはなくていいです、無理にやらないで!!!

また母とかと、のんびり楽しみに行こうかと思います。

【ヅカネタ】雪組大劇場千秋楽をライビュしてきた【観劇】

結構前になっちゃいましたが、雪千秋楽ライビュしてきました。

 

ライビュはいいですね…劇場のふっかふかのお椅子で…(´∀`*)

 

さて、千秋楽はどうだったとかそんなのはまぁ死ぬほど世間に溢れてるんで、私はちょっと違った視点から(ちぎさんは好きだけど、ちぎみゆで売る気満々の感じと、相手役が苦手なのですみませーん)。

 

さて、私は雪組にほぼ縁がないので、下級生の名前もやっと最近覚えたかしら?くらいの人です。

そんなわたしが雪組をみて、今回確信したこと。

 

雪の男役って、めっちゃくちゃ男臭い。

褒めてます!ほんと!昨今感じなかったギラギラとした漢!って感じ。めっちゃ頼もしいんですよね。

昨今もてはやされる丸顔でチワワみたいなアイドルタイプとは一線を画してる感じの、ギラギラ感を見た気がします。

理由を探って、日本ものが多いからかな?なんて思ったり。

男役が日本ものをやるときは、ほんとにほんとに漢にならなきゃ嘘っぽく見えちゃうから、その精神的な面が上手く出てきてあの感じを作ってるのかなぁ、と。

 

反面、雪娘さんたち…たくましいですね・∀・

ライビュだったんで、こう、後ろにうつる娘役さんの姿とか見たとき…肩だしドレスをきた皆様が一様に…たくましい…がっしりしている…!

華奢という言葉の対極にあるような、そんな感じを受けたんですね…。

ま、まぁ男役が骨太にやってるし、娘役もたくましくてもいいのかな…?

ただ個人的には娘役としては華奢で可憐であってほしいな…なんて。

 

どちらにしても、娘役、男役にしても楽しそうにしていてなによりでしたー。(´∀`*)

 

 

 

【ヅカネタ】紅はこべ二回め【観劇】

スカーレットピンパーネル二回め。

今回は二階後方から。

 

この前全体については語ったのでちょいちょい気になったところを。

始める前に、わたしいまの星組好きですし、スカピン全体としても良かったと思いますよ、それでも更に!言いたい!てとこです。

 

贔屓の七海氏の…舞台での居方…あのセリフ言う時に手をブラブラするのなんとかなりませんか…めっちゃきになる…。余計な力入ってるんだろうか…めっちゃふるふるしてるから…気になって芝居に集中しきれないぞ…。

あとお疲れでしたか?ってくらいフィナーレのダンスがおざなりだった…でもめっちゃ楽しそうに踊ってたから…んんん、いいか…。

 

あと美しいお顔と綺麗な声、演技もそこそこになってきてる星蘭ひとみちゃん。

改めてオペラで追っかけて、表情いいなーって思ってたんですが、ロケットみて驚愕。

ダンスが…苦手か…?!

伝わりづらいと思うんですが、ダンスがあまり得意でない人の身のこなし…う、頑張れ…頑張れ…芝居心があれば歌もダンスもグングン伸びるぞ…頑張れ頑張れ…。

 

 

あと今回、同行者と意見が合ったんですけどね。

礼さん、上手けりゃいいでしょって態度が出過ぎじゃないですか。

そりゃ上手いかもしれんよ、声がよく出ていて滑らかで音程も取れてる、難しい歌もよくお歌いになりましたと思いますけど、それだけなんてものすごく、つまらないんですけど。

下手なの書くより上手い方がそりゃいいけど、お芝居が来ない感じ。

歌う紳士の時も、わたしの歌声披露会になってるし。ちがうだろー!そこは!フィナーレへの導入!上手いでしょアピールはいりません!!

 

どうしよう…見るたびに苦手を増して行ってしまう…ほんと苦手ですごめんなさい、宙のまどかと並んでほんとに、ほんとーにダメです。

早く二人でトップしてくれたらその組回避して生活するのにな。

【ヅカネタ】紅はこべみてきた【観劇】

みてきました。

スカーレットピンパーネル。

初演を観たくて当日券並んだけど、結果買えなくてキャトルで発売中のDVD見て帰ってきたそんな記憶。

 

いざ、推しの七海ひろきが出ているスカピン。

いやーしかし気分全然のらなくて←

まず星、トップコンビが得意でない、おまけに二番手は苦手、無理!って域。

作品推しじゃなきゃ見れないわこれ…って状況。

蓋開けたら七海氏は美しくて満足でしてけども…歌もなんとか、なんとかなっててとりあえず安心した←

細かい表情とかは追えずじまいなんですけど、変な色気のある目線が上手くなったなぁ…なんて、贔屓目のアレですかね。

 

あと星蘭ひとみちゃんほんと可愛いな!!!

声がよく通って響くのが心地良い!

歌もまぁまぁではないかな?台詞も歌もちゃんと聞こえるって素晴らしい。

 

そんな中、マルグリットさんよぉ…オケに声がかき消されるってどゆことおおおお!

マルグリットさんちゃんと歌い上げてくだかいよおおおお。

うん、合わないの、かな、無理させてるのかな…なんて。

 

初回感想はこんな感じ。

実は月末にもう一回チケ取れたので行きまーす。

【ヅカネタ】タカスペ2015をみた

WOWOWさんの、タカスペ放送見ました。

あーなつかしーっていう顔触れになってて、たった2年前のことなのに!となりましたね。

 

実は2016のタカスペはライブ中継を見たのですが、その時幕前に「皆さんで踊りましょう!と突然レクチャーが始まりましてタジタジしたのを、覚えてるんですが、この時からやってたのですね…。

くそダサいゆえに、頭に残るあのメロディ、あの歌詞。

宝塚らしさががっつりたくさん詰まってる「ニューセンチュリータカラヅカ」。

見たの3日前なのに、まだ頭の中くるくるしてるとか…!笑

 

いやでも、楽曲はね、ほんとーに私にとって懐かしくて大好きな曲が多くて。

例えば夢の果てに、とかね、アナザーライフとか。タモマミノルトムの同期トップ時代の歌が多くて個人的にはきゅんきゅん。

あとオサさんトップ時代のショー作品って豊作すぎてたまらないと思ってるんですけど、そのショー主題歌とか歌ってくれるしたまらんわーってなりました。

タカスペは劇団推しのスターを覚える機会と思ってるのでなるほどなるほど、と若手をチェックしたりして見てましたが、2016の方が専科チームがまとめられてて良かったなぁー。

専科だけで歌い継ぎとかあったしね。

 

そしてコントって必要?いらなくない?今年の作品の主題歌とか歌い継ぎでよくない?って毎年思うんですけど。

なので余計に2016の方が好みになっちゃいます、あれはコントなかった。

2015のコントで面白かったのは宙組かなぁ。

星は意味わからなかったし、アイタタタ感やばい。やる人が上手くても本がダメだとダメなのね…。

 

さて、WOWOWさんの次回新作?は5月末のラブドリ、6月は待ちわびたよホットアイズ!!!楽しみだー!

【ヅカネタ】可愛い娘役は見ているだけで幸せになれる【雑談】

娘役さんて可愛いですよね。

みているだけで幸せになれるわーっていう娘役さんが何人かいるので、いつも入り出の時とかGRAPH歌劇その他媒体での姿にときめきながらみてます←

 

ベテラン勢で言えば、花野じゅりあ嬢。

もう何年まえですかね…オサさん時代の花組で、TAKARAZUKA舞夢という豪華なショーがありまして。

その時にオサさん演ずるゼウスの恋の火遊び相手として「可愛いミツバチちゃん」と呼ばれていたのがじゅりあ嬢なんですけど、これがもう破壊的に可愛くて。いや、今もその変わらない可愛さを貫いているのはマギーさんDSで確認済なんですけどね。

副組長らしい貫禄と存在感、かつしっかりとしたエンターテイナーになったなぁ…と思いながら、時々見せるきゅるんとした笑顔にとてつもなくときめきます。

 

あと最近可愛い可愛いと愛でているのが星蘭ひとみ嬢。

星のスカピンでルイシャルルに抜擢された、オードリーヘップバーン似の美人さん。

入り出の時の姿が本当に天使。可愛い可愛い。

めっちゃ可愛い子いる!って思ってたらあれよあれよと今回の抜擢。まぁあの美しさは放っておけないよね。

まだシャルル見てないんですが、東京で見るのが楽しみです。

 

そして見ればMAX幸せゲージ溜まるのが伶美うらら嬢。

コスチューム物の時に放つ圧倒的な存在感と美のオーラは幸せ以外の何ものでもないですね。

個人的にトンデモ脚本だったと思う白夜の誓いでやっていた未亡人役がとても素敵だったのを思い出す…あったかく包み込まれる感じ…うん、たまらん。

 

男尊女卑の宝塚において、娘役さんはグッズとか立ち位置とか何においても男役の次!って感じで触れる機会がなかなかないのが残念ですけど、男役が男役として立てるのは、周りにいる娘役さんたちの努力あってこそなんですよね。

娘役を大切にしない男役はあり得ないし、お互いに高め合って存在できるのが理想ですよね。

 

 

さて、しばらく観劇予定はないのですが、週末にWOWOWでタカスペが放送なので楽しみに待とうと思います。ちなみにスカステは未加入の人です。画質がね、ネックですよね、うん。

【ヅカネタ】最高のマギーさんディナーショー【観劇】

 

縁なんてなさそう、そう思っていたディナーショーを、観ることができました。

f:id:kanatoNanase:20170411081731j:image

マギーさんこと、星条海斗さんの「MASQURADE」。仮面舞踏会ですね、綴りがあってるか不安です←

元々専科カルテットが大好きな私ですが、最近立て続けに星条さんの舞台とか観るチャンスあって、そのお歌がとても好きだった上に、出演者に花野じゅりあ嬢が!!!いる!!!ってなわけで出演者の時点でソワソワしてたんですが、ポスタービジュアル出て、うおおおおおこれはぁぁぁぁ!と興奮。

運良くご縁を頂けて、会場に潜り込めました←

 

f:id:kanatoNanase:20170411082027j:image

席がやばかったんですよね、これすごくない?この位置ほんと、席に座って撮ったんです。

おまけにディナーショーですから!マギーさん他演者の皆さんも客席に降りてきてくれて…。

美の塊みたいなマギーさんに手を振ったらしっかり目を見て手を振り返してくれたし、じゅりあ嬢とはハイタッチできたし…なんて幸せ!

 

内容は多分そこらかしこにレポが転がってると思うので割愛しますけれど(おい

じゅりあ嬢って踊りの人かと思ったらちゃんと歌えるのな!ヒロインポジめっちゃよかった…MCの時は可愛らしくて、水持ってきた時「ちょっと失礼して…汗を…あ!さすが宝ジェンヌ…全然汗かいてない…!」ってニコニコしてたじゅりあ天使…!

あとこの日はヅカオタで有名なゴールデンボンバー歌広場さんがいらしてたんですけど、それを紹介したマギーさんに「じゃあゴールデンボンバーに準備してきてください」と無茶振りされて「…?ボンバー♪」って両手振り上げながらはけてくじゅりあも天使でした。

 

あと二番手?優波慧くん、ごめん正直知らなかった。花の若手は疎いんです。

今回いいね、イケメンやね!って思ったので、早速調べたら新公主演してるやん…!

大好きな専科カルテットの凪七氏の雰囲気にちょっと似てる若手くん。

お歌も安定していたし、マギーさんとの絡みシーンがあるのですが、麗しく美しい青年役でとても良かったんです…素敵な受けっぷり…。

MCでの真摯な姿勢にも好感持てました。ふむ、次回花を見る時は要チェックだな。

 

そして最後の一人、亜蓮冬馬くん。

この人も割と新進若手でこないだ新公で二番手してるじゃないか!←調べた

可愛らしい見た目だなーと思ってたら後半女装して出てきて笑ってしまった←

でもね、変なおカマ感なくて、ヘルシーな可愛さがあったんですよ!表情もとてもくるくるよく動くし、お歌もちゃんも歌えてて、こんな子がいるなんて知らんかったコラァ!という気分にさせてくれました。

 

んで、マギーさん。

嗚呼マギーさん…たまらないよ!!!

北翔に通じる安定感、大きさ、エンターテイナー気質…MCも盛り上げ、仲間も盛り上げ、お客も楽しませて…最高かよぉ…!

個人的には「本当の俺じゃない」がとてもとても好き。数日前にロミジュリDVD見て「どうやって伝えよう」を見てたんですが、それもいいけどこっちもたまらん…的な感じで。

 

あと優波くんとの絡みシーンがすごくすごく好みだったので書き綴っておきます!

その時はドキドキしながらはふはふ見ていたんですが、後から調べたらあれはヴァンパイアだったのですね。

ヴァンパイアマギーさんの前に現れた薔薇の優波青年。マギーさんに迫られるんだけど戸惑い、拒絶、でも次第に惹かれていってついに身を任せようとするんだけど、マギーさんは青年の持っていた薔薇で青年の頬を叩く。「なんで、どうして?」って困惑する彼を更に弄ぶように突き放し、打ち据えて、それでも求めてくる青年をポイっと捨てるわけです。打ちひしがれ、蹲る青年を、マギーさんがそっと抱きしめ、その口元をつぅ…と撫でてじんわり広がる妖しい笑み…導かれるようにマギーさんのマントの中に寄り添う青年…。

マギーさんの帝王感がヤバい、とにかくヤバい。優波くんの受けっぷりも上手いもんだから、もうなんていうか、ありがとうございます!!!みたいな←

演出の先生、マギーさんにヴァンパイアものやらせません?ショーの一場面でもいいよ?重厚な赤マントつけてもらってさ…黒髪のゆるくウェーブしたロングヘアで…ああたまらん。

 

そんな妄想まで活発にしていただい、ほんとマギーさんディナーショー楽しかったです。

ご縁でお取り次ぎいただきありがとうございます…!

次の花の公演、気になりすぎてつらいっす。