読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語りたいこと好きなだけ。

ヅカオタでジャニオタでアニオタの独り言。主観で好きなことを好きなだけ書いてます。

【ヅカネタ】紅はこべみてきた【観劇】

みてきました。

スカーレットピンパーネル。

初演を観たくて当日券並んだけど、結果買えなくてキャトルで発売中のDVD見て帰ってきたそんな記憶。

 

いざ、推しの七海ひろきが出ているスカピン。

いやーしかし気分全然のらなくて←

まず星、トップコンビが得意でない、おまけに二番手は苦手、無理!って域。

作品推しじゃなきゃ見れないわこれ…って状況。

蓋開けたら七海氏は美しくて満足でしてけども…歌もなんとか、なんとかなっててとりあえず安心した←

細かい表情とかは追えずじまいなんですけど、変な色気のある目線が上手くなったなぁ…なんて、贔屓目のアレですかね。

 

あと星蘭ひとみちゃんほんと可愛いな!!!

声がよく通って響くのが心地良い!

歌もまぁまぁではないかな?台詞も歌もちゃんと聞こえるって素晴らしい。

 

そんな中、マルグリットさんよぉ…オケに声がかき消されるってどゆことおおおお!

マルグリットさんちゃんと歌い上げてくだかいよおおおお。

うん、合わないの、かな、無理させてるのかな…なんて。

 

初回感想はこんな感じ。

実は月末にもう一回チケ取れたので行きまーす。

【ヅカネタ】タカスペ2015をみた

WOWOWさんの、タカスペ放送見ました。

あーなつかしーっていう顔触れになってて、たった2年前のことなのに!となりましたね。

 

実は2016のタカスペはライブ中継を見たのですが、その時幕前に「皆さんで踊りましょう!と突然レクチャーが始まりましてタジタジしたのを、覚えてるんですが、この時からやってたのですね…。

くそダサいゆえに、頭に残るあのメロディ、あの歌詞。

宝塚らしさががっつりたくさん詰まってる「ニューセンチュリータカラヅカ」。

見たの3日前なのに、まだ頭の中くるくるしてるとか…!笑

 

いやでも、楽曲はね、ほんとーに私にとって懐かしくて大好きな曲が多くて。

例えば夢の果てに、とかね、アナザーライフとか。タモマミノルトムの同期トップ時代の歌が多くて個人的にはきゅんきゅん。

あとオサさんトップ時代のショー作品って豊作すぎてたまらないと思ってるんですけど、そのショー主題歌とか歌ってくれるしたまらんわーってなりました。

タカスペは劇団推しのスターを覚える機会と思ってるのでなるほどなるほど、と若手をチェックしたりして見てましたが、2016の方が専科チームがまとめられてて良かったなぁー。

専科だけで歌い継ぎとかあったしね。

 

そしてコントって必要?いらなくない?今年の作品の主題歌とか歌い継ぎでよくない?って毎年思うんですけど。

なので余計に2016の方が好みになっちゃいます、あれはコントなかった。

2015のコントで面白かったのは宙組かなぁ。

星は意味わからなかったし、アイタタタ感やばい。やる人が上手くても本がダメだとダメなのね…。

 

さて、WOWOWさんの次回新作?は5月末のラブドリ、6月は待ちわびたよホットアイズ!!!楽しみだー!

【ヅカネタ】可愛い娘役は見ているだけで幸せになれる【雑談】

娘役さんて可愛いですよね。

みているだけで幸せになれるわーっていう娘役さんが何人かいるので、いつも入り出の時とかGRAPH歌劇その他媒体での姿にときめきながらみてます←

 

ベテラン勢で言えば、花野じゅりあ嬢。

もう何年まえですかね…オサさん時代の花組で、TAKARAZUKA舞夢という豪華なショーがありまして。

その時にオサさん演ずるゼウスの恋の火遊び相手として「可愛いミツバチちゃん」と呼ばれていたのがじゅりあ嬢なんですけど、これがもう破壊的に可愛くて。いや、今もその変わらない可愛さを貫いているのはマギーさんDSで確認済なんですけどね。

副組長らしい貫禄と存在感、かつしっかりとしたエンターテイナーになったなぁ…と思いながら、時々見せるきゅるんとした笑顔にとてつもなくときめきます。

 

あと最近可愛い可愛いと愛でているのが星蘭ひとみ嬢。

星のスカピンでルイシャルルに抜擢された、オードリーヘップバーン似の美人さん。

入り出の時の姿が本当に天使。可愛い可愛い。

めっちゃ可愛い子いる!って思ってたらあれよあれよと今回の抜擢。まぁあの美しさは放っておけないよね。

まだシャルル見てないんですが、東京で見るのが楽しみです。

 

そして見ればMAX幸せゲージ溜まるのが伶美うらら嬢。

コスチューム物の時に放つ圧倒的な存在感と美のオーラは幸せ以外の何ものでもないですね。

個人的にトンデモ脚本だったと思う白夜の誓いでやっていた未亡人役がとても素敵だったのを思い出す…あったかく包み込まれる感じ…うん、たまらん。

 

男尊女卑の宝塚において、娘役さんはグッズとか立ち位置とか何においても男役の次!って感じで触れる機会がなかなかないのが残念ですけど、男役が男役として立てるのは、周りにいる娘役さんたちの努力あってこそなんですよね。

娘役を大切にしない男役はあり得ないし、お互いに高め合って存在できるのが理想ですよね。

 

 

さて、しばらく観劇予定はないのですが、週末にWOWOWでタカスペが放送なので楽しみに待とうと思います。ちなみにスカステは未加入の人です。画質がね、ネックですよね、うん。

【ヅカネタ】最高のマギーさんディナーショー【観劇】

 

縁なんてなさそう、そう思っていたディナーショーを、観ることができました。

f:id:kanatoNanase:20170411081731j:image

マギーさんこと、星条海斗さんの「MASQURADE」。仮面舞踏会ですね、綴りがあってるか不安です←

元々専科カルテットが大好きな私ですが、最近立て続けに星条さんの舞台とか観るチャンスあって、そのお歌がとても好きだった上に、出演者に花野じゅりあ嬢が!!!いる!!!ってなわけで出演者の時点でソワソワしてたんですが、ポスタービジュアル出て、うおおおおおこれはぁぁぁぁ!と興奮。

運良くご縁を頂けて、会場に潜り込めました←

 

f:id:kanatoNanase:20170411082027j:image

席がやばかったんですよね、これすごくない?この位置ほんと、席に座って撮ったんです。

おまけにディナーショーですから!マギーさん他演者の皆さんも客席に降りてきてくれて…。

美の塊みたいなマギーさんに手を振ったらしっかり目を見て手を振り返してくれたし、じゅりあ嬢とはハイタッチできたし…なんて幸せ!

 

内容は多分そこらかしこにレポが転がってると思うので割愛しますけれど(おい

じゅりあ嬢って踊りの人かと思ったらちゃんと歌えるのな!ヒロインポジめっちゃよかった…MCの時は可愛らしくて、水持ってきた時「ちょっと失礼して…汗を…あ!さすが宝ジェンヌ…全然汗かいてない…!」ってニコニコしてたじゅりあ天使…!

あとこの日はヅカオタで有名なゴールデンボンバー歌広場さんがいらしてたんですけど、それを紹介したマギーさんに「じゃあゴールデンボンバーに準備してきてください」と無茶振りされて「…?ボンバー♪」って両手振り上げながらはけてくじゅりあも天使でした。

 

あと二番手?優波慧くん、ごめん正直知らなかった。花の若手は疎いんです。

今回いいね、イケメンやね!って思ったので、早速調べたら新公主演してるやん…!

大好きな専科カルテットの凪七氏の雰囲気にちょっと似てる若手くん。

お歌も安定していたし、マギーさんとの絡みシーンがあるのですが、麗しく美しい青年役でとても良かったんです…素敵な受けっぷり…。

MCでの真摯な姿勢にも好感持てました。ふむ、次回花を見る時は要チェックだな。

 

そして最後の一人、亜蓮冬馬くん。

この人も割と新進若手でこないだ新公で二番手してるじゃないか!←調べた

可愛らしい見た目だなーと思ってたら後半女装して出てきて笑ってしまった←

でもね、変なおカマ感なくて、ヘルシーな可愛さがあったんですよ!表情もとてもくるくるよく動くし、お歌もちゃんも歌えてて、こんな子がいるなんて知らんかったコラァ!という気分にさせてくれました。

 

んで、マギーさん。

嗚呼マギーさん…たまらないよ!!!

北翔に通じる安定感、大きさ、エンターテイナー気質…MCも盛り上げ、仲間も盛り上げ、お客も楽しませて…最高かよぉ…!

個人的には「本当の俺じゃない」がとてもとても好き。数日前にロミジュリDVD見て「どうやって伝えよう」を見てたんですが、それもいいけどこっちもたまらん…的な感じで。

 

あと優波くんとの絡みシーンがすごくすごく好みだったので書き綴っておきます!

その時はドキドキしながらはふはふ見ていたんですが、後から調べたらあれはヴァンパイアだったのですね。

ヴァンパイアマギーさんの前に現れた薔薇の優波青年。マギーさんに迫られるんだけど戸惑い、拒絶、でも次第に惹かれていってついに身を任せようとするんだけど、マギーさんは青年の持っていた薔薇で青年の頬を叩く。「なんで、どうして?」って困惑する彼を更に弄ぶように突き放し、打ち据えて、それでも求めてくる青年をポイっと捨てるわけです。打ちひしがれ、蹲る青年を、マギーさんがそっと抱きしめ、その口元をつぅ…と撫でてじんわり広がる妖しい笑み…導かれるようにマギーさんのマントの中に寄り添う青年…。

マギーさんの帝王感がヤバい、とにかくヤバい。優波くんの受けっぷりも上手いもんだから、もうなんていうか、ありがとうございます!!!みたいな←

演出の先生、マギーさんにヴァンパイアものやらせません?ショーの一場面でもいいよ?重厚な赤マントつけてもらってさ…黒髪のゆるくウェーブしたロングヘアで…ああたまらん。

 

そんな妄想まで活発にしていただい、ほんとマギーさんディナーショー楽しかったです。

ご縁でお取り次ぎいただきありがとうございます…!

次の花の公演、気になりすぎてつらいっす。

【ヅカネタ】お茶会に参加してレポ禁について思ふ【お茶会】

お茶会に参加してきました。

ん?娘役さんだからお茶飲み会?

まぁ隠すわけでもないからアレなんですけど、伶美うらら嬢のお茶会でございました。

 

私、普段はオフのジェンヌに全く関心がないので、入り出待ちも滅多なことがなければしないし、贔屓の七海桜木両氏のお茶会も参加しないというアレなのですが、今回うらら嬢は、ただただ美人を眺めていたいという邪な理由でお取次探していたら取り次いでくださる方がいらしたので、参加してまいりました。

 

お茶会に参加するのも数年ぶりなのであまり勝手がわからずぼんやり参加しちゃったんですが、昨今はアレですね!お茶会はレポ禁なる言葉があるのですねぇ。

噂には聞き及んでたんですけど、このレポ禁て必要?

個人的には、その昔、大空祐飛さんが現役の頃に、ファンサイトの入り出待ちの様子や、お茶会レポを読み、行ってみたい!会に入りたい!ってなって入会、お茶会参加もした身なので、それを思うとレポ禁ってライトに関心を持って行きたいなって思ってくれる層を排除してしまう勿体無い事だと思うんですが、如何でしょうかね。

 

このレポ禁始まったのって、どうなんでしょ、推測ですけど、某娘1さんが発した言葉がSNSで拡散されたって辺りだったような。

うーん、基本なんていうか、タカラジェンヌに限らず何らかのスペシャリストって、やっぱりその道に真っ直ぐな方なので、本当にある一点が抜けていたら、ちょっと頭足りないなって思う事も多いんですけど(もちろんそういう方ばかりじゃないんですけどね)そんな中で、更にちょっと頭足りない参加者がホイホイとSNSに載せちゃうってのが、問題なのかなぁ。

最近仕方ないっちゃ仕方ないですからね…SNS関連すごい…ほんと。

予測と想像力が足りてないから、その先に広がる世界を認識できてないのかなって、いつもSNS関連の話を聞くと思います。

 

その先は世界中の人が見られる公共の場所やで!!という思いを胸に。

結果、うらら嬢のお茶会はとっても楽しかっし、美しくて可愛いうらら嬢を堪能しつつ、お土産ももっさり貰って帰ってきました。

次回もね、行きたいっすね!!!←

f:id:kanatoNanase:20170409100857j:image

【ヅカネタ】宙組「王妃の館」「VIVA!FESTA!」を見た【観劇】

見てきました、王妃の館とびばふぇ。

そんなに期待せずに前知識も入れず行ったんですが、王妃の館とても面白かった。

やっぱり原作あるって強いな…。

なによりまぁ様こと朝夏氏がめちゃめちゃ楽しそうだったから、それが作品全体の流れにもなってたような。

贔屓の桜木くんもついつい協力したくなっちゃう可愛いツアーコンダクターで終始きゅるきゅるしてたし、うらら嬢がめっちゃキーキャラだし(その割には出番が少ないとかそんなこんな)個人的には楽しく見られてエンタメ満喫。

 

ただ、一部で話題になっていたクレヨンちゃんなのですが…謂わゆる作中で何度も使われる「おカマちゃん」に見えないんですよね…ただの可愛いお姉さんにしか…。

やっぱり難しいんですよ、女が男をやってそれを否定するから、二重否定になるわけで。

それはわかってたけど蒼羽りく氏が上手くやってるんだと思ったらさほど上手くないし…相手役?の澄輝氏演じるマコちゃんが、初めはほんとに拒絶!ってなるってことはそれなりにインパクトのある「おカマちゃん」のはずだけど、やはり随所にただの女子感を感じたんだよなぁ…。んで、そんな拒絶まっしぐらのマコちゃんが最後には受け入れてるっていうその過程も雑にしか描かれてないから、メインを普通に追ってた人は最後がとても唐突に見える気がする。

やはり、難しいんだろうけど、もうちょい。なんとかならんかったんか。

f:id:kanatoNanase:20170406081517j:image

幕間、公演デザート食しました。

最近観劇の際は必ずチェックしちゃう。

 

 

 

んで、ショーですが…悪くはないけど良くもないかなぁ…という←

飽くまで個人的なアレなんですが…客席降り久しぶりで楽しい!!!以外にはさほどこれが!いい!というのがあまりなくて…。

冒頭のうらら嬢が美しすぎて期待は高まったけどその後はイマイチ…んー…。

あ、闘牛のシーンは良かったです!思わず見入っちゃった。

ソーランはエネルギーめっちゃ投げられるから仕方なく見るんだけどね…うーんうーん。

あとはあんまり記憶がない…ぞ←

 

でも芝居はとても楽しかったので、そちらをメインで楽しめれば問題ないかな。

ショーも「すごく良かった!また見たい!」って思わないだけで、駄作ではないと思うものですから…くっそつまらんんんんんとは思わないっすね…この辺りは好みの問題です。

 

 

【ヅカネタ】顧客満足度調査

http://activity.jpc-net.jp/detail/srv/activity001503/attached.pdf

 

こんなのを見つけまして、ほほう、宝塚歌劇団が一位なのか。

エンタメ業がたくさん入っていて、エンタメ住まいの人間としては嬉しかったり。

 

私は割といろんな芝居を見るんですが、宝塚ってコスパいいですよね。

最安値なら3000円未満でみられるし、劇場で生のパフォーマンスを見られる価格としては最高じゃないでしょうか。

四季だと宝塚でいうS席の価格が末端くらいの勢いだもんね、そう考えるとすごいわ。

 

少しおしゃれをして出かけるそれ自体がとてもエンタテイメント

質やクオリティをなんとか頑張って保って行って欲しいですね。