語りたいこと好きなだけ。

ヅカオタでジャニオタでアニオタの独り言。スタジオライフ、2.5次元も嗜みます主観で好きなことを好きなだけ書いてます。

【観劇】宙組 神々の土地 クラシカルビジュー【ヅカネタ】

f:id:kanatoNanase:20171110080133j:image

観てきました。

色々ミスったので、MY初日にしてMY楽。

 

語り尽くされたと思うので、さらっと感想など。

もうとにかく芝居は濃厚だった、ただしドミトリーとイリナの空気だけが。

あの二人を取り巻く空気が濃い分周りが希薄に思えてしまったり、やっぱり展開が唐突なのは否めない感。

それでも私はこの作品の雰囲気、重厚な歴史物らしい存在感、荘厳なコスチュームプレイが好きです。

 

イリナとドミトリーの間にある空気が、舞台上で描かれていない、彼らが過ごした年月を感じさせてくれる気がして、二人がそういう空気を醸し出してくれたことに感謝。

雪原に立つ二人の姿は本当に絵みたいに綺麗でした。

 

 

ショーは久しぶりに往年のヅカ!って感じ…ダサめの主題歌だったり、突然謎の衣装にしてきたりとか…わかる、ヅカのショーはこれだ。

主演娘役はいないというのが公式見解ですが、まぁ、立派にうららかその穴を埋めたなという感じですね。

その姿が凛として美しい、たまらない娘役感。

やっぱり出てくると華が咲くようにパッとなりますよね、才能だわ…。

ラスト堪能できてよかった。

 

 

【ヅカネタ】美しい華を愛でる【うららお茶会】

f:id:kanatoNanase:20171107101446j:image

現役最後のお茶会です。

行きました。

前回よりはるかにたくさんのお客様。

皆さんの愛に溢れて、うらら嬢も幸せそうで、たまらない輝きを放っておりました。

レポ禁の壁に阻まれておりますので、何があったとか詳細には書けませんが、本当にうらら嬢が美しく気高く可愛らしく、輝いてくれていたので私も幸せオーラに包まれましたし、再来週の千秋楽までついてくぞ!という決意を新たに致しました。

 

うらら嬢の卒業を見送りましたら、しばらくは宙を観ないと決めています。

どんなにいい演目が来ようが、観ません。

本当は星も観たくなくなってきてますが、贔屓が二人もいるので仕方ない←

 

そんな今日はやっとこさ宙組観劇でございます!よし!

【ヅカネタ】沙央くらまという存在【昔語り】

やっとこさ、コマさんについて書けるようになった…。

単純に忙しかっただけなんですけども←

 

沙央くらまという人を認識したのは、その昔やってたバウワークショップの連続公演、恋天狗だったような。

あれ、有望な若手が主演をやって連続で公演回してたし、若手も二分割して役振ってたからすごい演者にとっては勉強になるしいい経験だったろうな…。

その主演ってのは、まだまだひよっこだけど有望よ!という劇団の意思というか、そんなのがあって、確か沙央くらま氏はかなり若かったけど主演に選ばれてて、公演評とかも良かったんですよね。

 

とはいえ、私は当時マミさんからバトンを引き継いだリカさん配下のゆうひ氏にゾッコンしてたので、残念ながらコマ氏のいる雪組を観るチャンスは殆どなく、しっかりコマ氏の芝居を観たのは月組のアルセーヌルパンでした。

その時、ちょっと癖のある黒幕的な役をしておりまして、実はルパン自体がどんな話か忘れたのにもかかわらず淡々と台詞を喋る沙央くらま氏の芝居が色気満開で凄かったのを覚えているのです。

こんな芝居ができる人いるんだ!と嬉しくなって、月を見にいくときは沙央くらまを見る、星条海斗もみる、ってなったんですね←

 

宝塚の人ってお芝居、下手だとは思いませんけど、こう、やっぱり型があるじゃないですか。その型にはまりきらず遊べる人だなって思ってまして、それってかなり貴重じゃないかい?なんて思い…うーんそれ故に今回退団、惜しいなとおもいつつも、コマさんが外で芝居やるなら是非観たいという気持ちがあるのですよね。

女性としてもとても魅力的な部分を持ってる人だなとおもうし、リアリティが出せる人なので外の芝居向きだと思う、うん。

 

サヨナラショーはやらないかな、きっと。もしくはディナーショー…みたいなぁ、沙央くらまのディナーショー…。

 

【ヅカネタ】理事御降臨に思う【雪組演目発表】

またしてもちょっとタイムリー感ないですが、個人的に他の皆様方の反応みて、笑ってしまったので…。

 

来年雪の演目発表があり、凱旋門!おお!パララ再演!と思いながらよくみたら、まあ久しぶりの御降臨!轟さん!

 

そしたら各所で非難の嵐で、ちょっと笑ってしまうくらい劇団の方針が叩かれまくってましたねぇ。

うん、わからないでも、ない!

ただまぁ、ヅカオタ的には年末のタカスペで轟さんのパララ、もしくはさよならは夕映えの中でを聞かないと一年が終えられない方もいるかと思うんですよねー。

 

それはさておき、私はうっかり数十年来のヅカオタになってしまったので、現役トップ時代の轟さんを知っております。

とはいえ、轟さん贔屓ではなく、同期四人トップのうち、マミさんこと真琴つばささんにゾッコンでした。

轟さんは当時からとてもギリシャ彫刻で(おい)見た目はどうあれ、それなりに上手いので凱旋門も猛き黄金の国も楽しくみれた記憶があります。

私の大好きなパッサージュも轟さんの耽美感あってこそかなーと思うんですが、耽美でありつつもしっかりメンズ感を出してくるのが轟さんのすごいところで、昔の漫画のような見た目と渋さが魅力だなぁと思っております。

 

で、御降臨なんですが、もうね、とやかく言ってもしゃーないからね、こればっかりは受け入れないと。

一応過去の御降臨公演はいくつか見てますが、演出サイドの苦労…まぁ主にパレードの降り順とかね…のほうに感想が行くけど、やっぱ轟さんは絵になるからなぁ。

 

ただまぁ、双頭の鷲を観て思ったのは、やはり寄る年波…最近のタカスペでもパララで声掠れていくのが年々顕著だし…って考えた時に、私は轟さん、いつからタカスペとか一線から退くのかな…という…引き際が益々難しいよなこれは…という…。

 

と、そこで思いついたのは、もしかして轟さん御降臨が再度全組にあって、そこで一旦表舞台は終了!!なのでは?という可能性。

だってキツイでしょう本人も。

ディナーショーと専科公演だけで充分だと思うんだよね…大劇場センターってどうしてもやる事決まってきちゃうけども、専科公演ならまだまだいろんな可能性があるし…。

 

そんなことをふと、思ったりした今回の発表でした。

しかし轟さん現役トップ時代を知らない人が増えたということかなー。

【ヅカネタ】たぶんやばい抱腹絶倒【星組ラインナップ】

そろそろこのブログかかなくちゃ。と思ってて、コマさんの退団について書くつもりが、星組のやばいラインナップ発表になったの面白すぎて先にそっちから話題にあげちゃう。

 

 

抱腹絶倒って自分で言っちゃってハードルだだ上げだけど、ついこないだネモ船長作った人だよね?大丈夫?大丈夫なの?

 

そしてショーはわたしの大好きなサイトー先生!!ありがとう!怖そうなタイトル!やばい!絶対見たい!

 

ってなって、待てよ待てよ…ショーだけ観たいのに、ちょ、前半んんんってなってます。

 

 

たまにあるこれ、どうにかならんかなー。

【ヅカネタ】大輪の花の後任【池銀ガール】

伶美うらら嬢の後任である池銀ガールは、有沙瞳嬢にきまったようですね!!!

 

まどかじゃなくて、ほんとよかった!!!

 

まどかにされた日には池銀に猛抗議するつもりでしたよ。

 

ちなみに有沙嬢のことはよく知らないのですが、そんなに好きな顔ではないんですよね(コラ

好きでも嫌いでもありませんが、まどかじゃなければと願ってただけにありがたい。

ワンチャン星蘭ちゃんくる?って思ったけど、そこまで若返ることはなかったね、まぁそうだろうな。

 

これで宙に池銀のスポンサー力がなくなる、でも花から阪急交通社を背負った人がやってくるし、その辺は問題ないのかな。

みりおの次のVISAガールはどうせカレーだろうし。ダイキンはたまきち後もスポンサー入ってくれるんだろうか。

なんて、そんなこんなを思いながらぼんやり。

【ヅカネタ】All for One を見てきた【観劇】

f:id:kanatoNanase:20170912094847j:image

ダルタニアンと太陽王を観てきました!

東京初日あいてから結構あっという間の観劇。

今回は前回のグランドホテル以降すっかり美弥ファンになった母と一緒に。

ちなみにわたしのお目当てはもちろん沙央くらま氏!

 

予備知識なく、イケコなかなか頑張ってるらしいよ、面白いみたいよ、くらいのふわっとした感じの中で観劇。

うん!面白かった!!!

至極エンタテインメントで、冒険活劇の名に恥じない、とにかくぼんやりみてても楽しめちゃう!

なんだろう、少しだけイケコの昔の作品である「LUNA 月の伝言」の雰囲気がある気がする、ちょいちょい現代ギャグいれてきたらするあたりが…。

 

今回ルイが可愛くてうまくやってて、良かったです。結構序盤で実はー!!っていうのを明かしてから、割とそれ以降女を出して来るんですけど、随所でもう少したくましい感じが残っても良かったかなとは思うけど、その辺りの塩梅がとても上手で、ちゃぴは魅せるのがうまちなぁー!と相変わらず感心しきり。

 

三銃士くんたちは、美弥さんがやたらに色男だし、いいところで歌うし、なんだろう、ほんとにいいとこ取り。

聴罪僧の場面のコミカルな感じも上手いし、あーさすがベテラン!てなる。

アトスは本来なら専科くらいの人がやる役…?って思いながらも、実は一番銃士らしく動き回ってた人で、かなり良い見せ場もあったりして、なかなか面白そう。

 

で、暁くんなんですけど…彼の役柄は…大酒飲みで力持ち…うん………無理がある!!!!

かわいい童顔で身長はあるけど華奢な暁千星くんがそういう風には見えない!!見た目で損をしている気がするけど、どう頑張ってもやんちゃ坊主。台詞の端々や、戦闘シーンで物を投げる行動、さらには投げられたものを受ける人の倒れこむ演技で“なにかとてつもなく重いものを軽々持って投げるくらいの力持ち”をアピールしていたんですけど、全然効かない。こっちが「ああ、力持ちの設定だったな」ってその度に思い出すくらいの効力しかない。

ここだけはミスキャストかなぁ。他は当て書きなんだろうなという揃い具合だけど。

 

沙央くらまは、歴代美女の着たドレスを取っ替え引っ替えしてとにかくウロウロとしたたし、ソツなく笑いを取る役目を全うしていた感。

しかしなぁ、いかんせん上手いゆえにイケコに丸投げされたな…?結果モンパンシエ公爵夫人は何故、ルイと結婚したかったのか、ガチ好きなのか、王妃になりたいのか、その辺りがちょいちょい不明。まぁ簡単にアラミスに鞍替えした時点でガチ愛ではなさそうだけど。頭はあんまりよくない愛すべきおバカさんなのかというと、そう言い切れる感じでもないので、ふわすわ漂う風船のような…うーん、謎。

でも美しいし、色気もあるし可愛いのでほんとに見ていて楽しい人ですな。

 

そして今回の悪サイド。

月城かなと様、ベルナルド。

いやもう様付けで呼ぶよ…カッコいい!!

立ち姿も美しいし、芝居の間も上手く取るし歌えるって…月城かなと様は何が不得手なの?!ってくらいオールマイティ。

顔良し、芝居良し、歌良し、踊り良しって、ほんと君は最強ジェンヌか?!そーなのか!とひたすらに拝む。

 

あとダルタニアンは、あの純朴素朴な真面目青年はあってる。そして相変わらずちゃぴにリードされとるな…笑

更に11時公演だったからなのかわからんけど、めっちゃピッチが悪くて、歌の音が迷子なことが多かったんだけど…?

最終的に正しい音に到達するんだけど、なんか違うね?ずれてるね?ってとこで伸ばしたりするから気になっちゃって。

 

一本ものだけど、どうやってこの話に収集つけるんだ…?と思いながら色々見ていくのが楽しいです。

なにより深く考えずに楽しめるのがとてもいい!

いいものを見れたぞ!!